Jailbreak事前知識:復元とかリカバリ、DFUとか

jbに失敗した際に、元に戻すためにこれらのやり方を知っておく必要がありますので、備忘録します。

jbする、しないに関わらず、iPhoneが起動しなくなったり、調子が凄く悪くなった時に、iTunesを使って復旧する事が復元です。

復元は、一度iPhoneをまっさらなOSの状態にしてから、iTunesにバックアップしてあるデータを戻す方法と、まっさらにしてしまう2通りが復元ボタンを押して実行中に選べます。

バックアップから戻るデータはバックアップしてあれば、メールアカウントのパスワード以外は全て戻るみたいです。
(自分で確認した訳じゃないので責任は取れません。悪しからず。)

写真データ
電話帳
電話履歴含む電話関連のデータ
SMS、MMS
ブックマーク
メモ帳
時計のアラーム設定
カレンダー設定
アプリとそのデータ

要はほとんど全部ですね。

メールアカウントのパスワードだけが、再設定必要らしいので、どこかに保管しとく必要がありますね。

リカバリモードとDFUモードというのは、iPhoneの状態の事で、iPhoneを起動した際にAppleのロゴより先に進まなくなった時に、iPhoneの状態を復元可能なモードがリカバリとDFUです。

iPhoneが起動しなくなった場合、通常はリカバリモードを試して、ダメな場合にDFUモードにするのが常套手段のようです。

iPhoneがちゃんと起動する場合は普通にiTunesに繋いで復元手順を行ないます。

以下、iPhoneがちゃんと起動しない場合の復元手順の備忘録

リカバリモードでの復元

1.iPhoneのホームボタンとスリープボタンを長押し
(電源を切るスライドが出て来ても辛抱して長押し)

2.自動で電源が切れますが、ホームボタンは長押しす

3.iPhone上にiTunesのアイコンとケーブルの画面が表示されます。
このiPhoneの状態がリカバリモード

4.iPhoneとiTunesをケーブル接続

5.iTunesがiPhoneを認識

6.以降、iTunesで復元手順

リカバリモードに突入したiPhoneを戻す方法が分かりませんでした。
もしかしたら、復元手順で戻すしか無いのかもしれません。

DFUモードでの復元手順

1.iPhoneとiTunesをケーブルで接続

2.iPhoneの電源を切る

3.ホームボタンとスリープボタンを10秒間同時押し

4.スリープボタンだけ放して、iTunesがiPhoneを認識するまで押し続ける

5.iTunesがiPhoneを認識したら復元手順
iPhoneの画面は真っ黒か真っ白点滅。
認識しなければ、一旦USBを外しiPhoneの電源を入れて、1からやり直し。

DFUモードのiPhoneを戻すには、電源ボタンとホームボタンを両方長押し。

広告

~ by magmanotubo : 2009/11/27.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。