Jailbreak雑学:ベースバンドやECID

jbしようと、大先輩方のブログを見ていると、ベースバンドやECID等の用語に出くわします。

わたしのように、画面のテーマ、アプリのフォルダ管理、着信拒否がしたいだけのユーザにとって、偉大な先達のブログから勉強させて頂いた結論としては、3GSのOS3.1.2がjb出来る現在は不要な知識でした。

でも、せっかく概要を勉強させて頂いたので備忘録します。

ベースバンドってのは、iPhone上の携帯通信やWi-Fi、Bluetooth等の通信関連のチップを制御してるFW(ファームウェア)の事を指してます。

自分のiPhoneのベースバンドは「設定」→「一般」→「情報」→「モデムファームウェア」で確認できます。

ベースバンドはOS3.1以降にアップしてしまうと、blacksn0wでSIM unlockができなくなるため(執筆時点のblacksn0wの話で、将来は可能性はあるでしょう)、jb関連で出て来る話なんですね。

ベースバンド05.11.07の3GSの方はblacksn0wが対応するまで待つ事になります。

ベースバンドが04.26.08の方は執筆時点のblacksn0wでSIMアンロック出来るようです。

また、3Gの方でブートローダのバージョンが05.08の方はベースバンド05.11.07→04.26.08へダウングレード出来るようです。

次にECID

ECIDはiPhone1台1台に固有の16進番号で、iTunesでファームウェアをアップする時に「Appleサーバと通信中」みたいな時に使われていて、どうやらAppleサーバに今までアップしたファームのバージョンが管理されているらしく、OSバージョンを下げたり出来ない様に使われているようです。

jbツールがOSバージョン依存してますから、ダウングレードしたい時に必要となるので、jb話題で出て来るキーワードなんですね。

Appleサーバと通信するとOSバージョンアップの度にECIDに署名された鍵(ECID SHSH)がダウンロードされて更新されるみたいで、こいつは端末固有な情報なので、前回のものや他の端末のモノを保管しても無意味な構造となってます。

この署名(ECID SHSH)はOS3.1からAppleが発行しなくなってるらしいです。

ECIDはDFUモードで確認出来るみたいです。(確認方法は調べてません)

保管したECIDからOSを戻す方法も、Cydiaで出来る仕組みがあるようです。

ECIDについては、ココから先は私には不要なので学習やめました。

必要になった時に、また調べたいと思います。

広告

~ by magmanotubo : 2009/11/28.

コメント / トラックバック1件 to “Jailbreak雑学:ベースバンドやECID”

  1. […] PwnageTool を使って、カスタムファームウェアを作り baseband を保持したまま、Cydia 経由で、ultrasn0w 1.2 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。