Xperia日記:ザルバ帰還

ザルバとは、牙狼という特撮ドラマに出て来るキャラで、友と言う意味です。
 
 
au oneブログ「 ケー壺 」でお馴染みの方は私が携帯に愛称を付ける習慣をご存知と思いますが、初めての方は”何コイツ。イイ歳こいてキモ~”と思われる事でしょうが、仕方がないんですね。
 
痛いヲヤジですから(^_^;)
 
生温〜くとお願いしてるのはいつもの事。
 
 
大好きだったSO905iCSが愛称ザルバでした。
 
Xperia購入の為に泣く泣く婿に出しましたので、その名前を継がせました。
 
 
前置きが長くなりましたが、Androidとして生まれ変わり帰還したザルバの帰還(契約)手続きと装い(パッケージ)をご紹介します。
 
 
今回はMNPにて購入しましたが、買い増しでも気になる筈の契約時開通確認で、パケット通信が発生しないのか?という疑問についてお話しします。
 
 
結論から言うと、発生しません。
 
開通確認は電話のみです。
 
端末は関係ありません。
 
お店として、キャリアから通達されてる確認作業としては問題あるのかもしれませんが、極論すると購入時に一度もSIMを挿さず、電源を入れる事なく渡して頂く事も可能です。

お店によるでしょうが、私はHT-03Aはそうして貰いましたし、Xperiaもそうして頂きました。
 
どちらも購入店舗は違います。
 
何故こんな事を気にしたかと言うと、私はPocket Wifiでパケ代を節約していますから、開通時に手続きとは言え、1パケットたりとも払いたくないんですね。

ではパッケージです。

タオル等の箱と同じ感じです。

何か凄く残念な箱です。
 
 

本体の下は2つの箱。

一つはケーブル類。

 
もう一つは書類関係。

 
気にしていた液晶パネルは剥き出しではなく、保護シールが貼られていますが、この様な超テキトーなモノなので、このまま使う訳には行きませんね。

事前に保護シート買っておいて良かった。

今回も風呂場で神張り1発で成功(v^_^)v

ネットは何処も売り切れていたので、懸命に探し当てたのはなぜかいつも携帯に貼ってるラスタバナナのモノでした。

コチラに売ってる記事を書いてあるので探してる方はどうぞ。
URL:http://ameblo.jp/magmanotubo/entry-10491443160.html
 
充電用の端子と外部接続端子は共用でmicroUSBです。
蓋付きです。
 
iPhoneに慣れた身としては蓋の開け閉めがウザったい。

 
 
次はiモードメール関連のお話し、その次はWi-Fiオンリー+iモードメールな時の最初の設定について書きます。
 
明日購入される方が多いでしょうから、当然似た様な使い方をする人も多いはずなので、頑張って明日までに書きたいと思います。

広告

~ by magmanotubo : 2010/04/02.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。