Xperiaレポ:ハード編

Xperia発売興奮冷めやらぬうちに、アメリカではiPadが発売されモバイル好きには堪らない新年度になりましたね。
 
 
私はiPad購入はまだまだ先の事なので、情報を追っていませんが非常に気になる所です。
 
 
さて、Xperiaのレポは、いつもの携帯レポのように端末面から書きたいと思います。
 

勿論慣れる意味もあるのでXperiaから記事書きますよw
image

発売前に実機を触ってきた方々からの報告で私が最も気になっていたのが、サクサクなのか、カクカクなのかという一点でした。
 
 
私もお店に配備された熱モックで触っていましたが、自分の感覚と二分している評価のズレにすっきりしない思いがあったんですね。
 
 
私なりにその辺りを中心にハード面からレポを書きます。
 
 
 
タッチの心地
 
iPhoneのようにフルタッチパネルですから、タッチの感度やチューニングの良し悪しが操作性全般を左右します。
 
私がHT-03Aを酷評したのもこの一点ではないかと思います。
 
無論タッチ感度は感度だけではなく、処理速度も性能を左右しますが、タッチが心地よく出来るかという点でひっくるめます。
 
 
結論から言うとまずまずです。
 
フルタッチパネルをXperiaで初めて経験する方なら、まず問題を感じないのではないでしょうか。
 
惜しむらくは、画面の端とか入力域の上下左右がなかなか狙った所を認識しにくい。
 
この辺りはiPhoneの方が優れています。
 
 
発売前にマルチタッチがハード的に実現できないという情報が流れ、ネットでは喧々諤々でした。
 
マルチタッチができないと何が最も問題か考えるに、つまんで拡げたり縮めたりといった、ピンチという操作が実現できないという所ではないでしょうか。
 
この操作はあると非常に便利なもので、とても人間の感覚に馴染む自然な操作法です。
 
ただし、ピンチと同様の操作を別の方法で実装する事も出来ますから悲観的になる必要もありません。
 
 
タッチレスポンスは個人的な判断ですが、iPhone3GS>Xperia≧iPhone3Gって所ではないでしょうか。
 
XperiaとiPhone3Gは機能によってどっちもどっち位のレベルに思いますが、ここは贔屓でXperiaに軍配を上げました。
 
 
ただし、HT-03Aでも見られたタッチしてるのに反応しない、反応してほしくないのに反応する、押してもいないBS が連続し入力した文字が消えていく現象が発生(>_<)
 
OS のせいかもしれませんね。
 
ガラケーと比較するにはフルタッチのガラケーでなくてはいけませんが、触ったことのあるフルタッチのガラケはSH-04Aしかありませんが、いかんせん相手が悪い。
 
SH -04Aはとってもサクサクですwww
 
でも、タッチ文字入力はXperiaの方が打ちやすいです。
 

スクロールの具合
 
タッチの心地良さの次に、スクロールの心地良さも非常に重要ですね。
 
 
Xperiaの最も残念な所がこのスクロールではないでしょうか。
 
ネットでは引っ掛かるという表現が使われてました。
 
まだあらゆる操作をしてはいませんが、Webと写真のスクロールにおいて、最初のタッチからスクロール動作の初動認識に若干のタイムラグがある事がそう感じさせる所以ではないかと思います。
 
 
 
大きさ
image

 
大きくない私の手では、上部に指が届きません。
 
薄いため重量感はさほど感じませんが、左右は問題無くても、最上部指先2つ分が届きません。
 
持つ位置をずらせば届きますが、落下が心配でドキドキします。
 
 

レスポンス
 
まず問題ないレスポンスだと思います。
 
特に文字入力を重視する私には入力中のレスポンスは重要であり、POBox Touch の予測変換は快適そのものです。
 

 
ネットの評価ではWebの読み込み爆速との事でしたが、初期設定作業でAndroidマーケットからソフトを落としている時にメチャ遅かった。
 
自宅無線LANは光回線です。
 
どうやらサイトが混んでいた様ですf(^_^;
 
とはいえ、気になりますからITmediaさん表示を試しました。
 
回線は自宅無線LAN
 
まずは同時にSpeedtest
image

ではITmediaさんに、よーいドンで10回競争しました。
image

勝負は互角でした。
 
iPhoneはSafari、XperiaはDolphinBrowser。
 
競争は互角でしたが、iPhone3GSの圧勝。
 
理由は途中XperiaのDolphin Browser が固まるという事があったからです。
 
既にAuto Task Killerソフトは常駐させてますし、このテスト前に不要なTaskは殺してますから、言い訳は出来ません。 
 
 
その他
 
ストラップホールがあるのは非常に助かります。
 
問題は電源兼ねた外部端子の位置。
 
ストラップ付けたままケースに入れて充電出来ない(>_<)
 
外部端子はカバー無しで下にして欲しかった。
 
 
右サイドのカメラボタンは横向きのデジカメスタイル持ちで丁度良いポジションです。
 
 
下のメニュー、ホーム、戻るボタンですが、冷モックの時は堅くて押しにくいと思ったのですが、実機ではそんなに感じませんでした。
 
しかし、色ハゲが心配です。
 
 
電池裏蓋はペラッペラですが、かなり広い面積を占めていますから、傷が目立ってきたら電池裏蓋を交換するだけでリフレッシュしたような気分を味わえるかもしれません。
 
私、格好良いカバーに出会うまではケース持ち運びで、裸で使います。
 
 
液晶は外でも問題なく視認出来ます。
 
 
搭載メモリをiPhone3GS16
GBと一般的な端末価格で比較すると、高いと言わざるを得ません。
 
iPhone
 RAM256MB ストレージ16GB
 
Xperia
 RAM384MB ストレージ1GB
 
Xperiaには16GBのmicroSDHCが付属していますが、内臓メモリの方がが高速だし高価。
 
RAMも企画段階では多めと見積もったんでしょうがケチりましたね。
 
常駐ソフトやOSのバージョンUP速度を考えたら、最低512MB。
 
他を圧倒するつもりだったなら、1GB位いっとらんかい!と言いたい。
 
他を圧倒するつもりはなかったでしょうが、512MBは積んどくべきでしたね。
 
 
Wi-Fiの掴みですが、家では無線LAN、外ではPocket WifiとAPNdroid入れて常時Wi-Fi使用です。
 
Wi-Fiの掴みが心持ちiPhoneより弱い気がします。
 
SH006が今のところ一番良い感じ(^^)v
 
でもiPhoneは通信ないと電池節約のためか、Wi-Fiの接続を手離してしまうので、私の場合はXperiaとSH006のように繋ぎっぱなしに出来る方が良いですね。
 
 
通話に関してはまだ全く試していないので、試したら記事にしますね。
 
 
最後に電池持ちですが、iPhoneとあまり変わらない位しか持ちません。
 
割と不要タスクを終了させるソフトを入れる等最低限の事はやってますが、IMoNiやGmail 、情報表示のウィジェットはそれなりの頻度で情報更新したいし、Wi-Fiはいちいち切断したくありませんから、こんなものと割り切ってます。
 
eneloop mobile boosterのような充電器必須です。
 
 
 
次回は初期設定編、使用開始ソフト紹介編を予定してます。
 
いつもならソフト編、カメラ編の順番ですが、AndroidやiPhoneは基本的に必要なソフトをダウンロードして使いますから、一番最初にやった設定を初期設定編、次に使い始める為に必要だったソフト達を使用開始ソフト編とするつもりです。

広告

~ by magmanotubo : 2010/04/07.

コメント / トラックバック2件 to “Xperiaレポ:ハード編”

  1. これを読んでいるとまだまだ総合力でiPhoneの方が上になるみたいですね。Xperia、一応世間ではiPhoneキラーとして扱われているようですから、iPhoneを凌ぐ性能とはなんなのか、画面解像度を含むハード面以外では一体なにが凄いのか興味があります。

    1st見送り、2nd購入になるかもしれません。iPhone同様にソニエリも熟成させていくのでしょう。

    • >Lancerさん(^-^)/
      同じ使い方ならiPhoneの方が使い易いだろう事は購入前から想定していましたが、ソフトもかなりレベルが上がってきましたから、好みで選んでも良いでしょうね。
      人に薦めるのはiPhone3GSなんですが、4G出るまで待った方が良いですから待ちが一番かもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。